5月19日(土)に徳山港に寄港する、
世界最大級の帆船、『日本丸』。
画像で見ただけでも、その勇壮な姿に
魅了されますよね。
日本丸は全長110m、メインマスト高43.5m、
総トン数2570トン。真っ白い帆を広げた優雅な姿から
「太平洋の白鳥」と呼ばれています。
日本丸.jpg
5月19日(土)の13:00~は実習生が1673畳の帆を張る
セイルドリル、20日(日)は船内一般公開、
21日(月)~23日(水)は船外公開、
24日(木)の最終日は14:00から、訓練生が舳先(へさき)や
帆桁(ヤード)に上がって
号令に合わせ帽子を振り、汽笛を鳴らしながら
徳山港を後にします。
これは「登檣礼(とうしょうれい)」といって、
船舶の最高儀礼にあたる礼式だそうです。
日没から21時までは、船体イルミネーションで
徳山港を鮮やかに彩ります。日中とはまた違う
美しい姿を現してくれます。
日本丸の舳先には、帆船のシンボルとして
フィギュアヘッド(船首像)が取り付けられています。
これは“藍青(らんじょう)”と呼ばれる女神像で、
手を合わせて祈る姿をしており、気高さ、優しさ、
凛々しさを備えた日本女性を表しているそうです。
こちらにも注目してみてください。
尚、船内一般公開時には、ハイヒールなどの
安定の悪い靴での乗船はできませんのでご注意ください。。
 5月19日(土)
●10:00 日本丸接岸
●10:45 歓迎式典
●13:00 セイルドリル(展帆訓練)
 5月20日(日)
●9:00~11:30 船内一般公開
●13:00~16:00 船内一般公開
●9:00~18:00 ミニSL・ミニ新幹線に乗ろう!
5月21日(月)~23日(水) 船外公開
5月24日(木) 14:00 登懎礼(とうしょうれい)
<お問い合わせ>
徳山港振興会 0834-31-3613